Car Goshi-Goshi BLOG お知らせや実績、日々のコト...Car Goshi-Goshi BLOG

お知らせや実績、日々のコト...

トヨタ 10アルファード ヘッドライト黄ばみ取り+専用クリア塗装2018.01.22

今回は、ヘッドライト黄ばみ取り施工依頼数がぶっちぎりのNo.1であるトヨタ10系アルファードのヘッドライト黄ばみ取り+専用クリア塗装施工です。

黄ばみのひどい状態のアルファードのヘッドライト

ひどい黄ばみの状態のアルファードのヘッドライト2

いかがでしょうか?
ヘッドライト全体が黄ばみ、黄色いヘッドライトとなっております。
トヨタの10系アルファードのヘッドライトはほぼすべてと言っても良いくらい画像のように黄ばみの発生したヘッドライトになっています。

ただ、前回の記事を読んでいただいた方にはお分かりかと思いますが、黄ばみの発生の仕方が透明感のある黄ばみのため、このアルファードのヘッドライトはかなり綺麗に仕上げることができます。
前回の記事↓↓↓
ヘッドライト黄ばみはどの程度までの劣化ならリペアできるのか?


10系アルファードのヘッドライトはとても大きく、黄ばみを削り落とす作業に没頭するあまり、写真を撮り忘れてしまうことが多くなってしまいました。
詳しい作業内容は別記事にて参考にしていただき、要所要所でのヘッドライトの黄ばみを取る変化をご覧ください。


黄ばみ除去中のトヨタアルファードのヘッドライトの状態

いつも通り、360番のペーパー研磨にて黄ばみを除去していましたがクラックや深い黄ばみが発生していたため今回は特別コースの280番のペーパー研磨よりスタートいたしました。
上の画像は280番→360番のペーパー研磨まで終了した状態です。
この段階で、ヘッドライト表面の黄ばみ・クラックは除去しております。逆に、この段階で黄ばみやクラックを残していると後から取り除く事は困難になってきます。

ヘッドライト黄ばみを削り落とした際に発生した削り粉

こちらが、削り落とした10系アルファードのヘッドライトの黄ばみです。
今回、アルファードの大きなヘッドライト全面に発生した黄ばみを除去したため画像のような削り粉がかなりの量発生しました。

決して、おがくずではありません。。。。

黄ばみを除去後表面を整えている途中のアルファードのヘッドライトの状態

280-360-500-800-1200-1500-2000-3000番のペーパー研磨でヘッドライト表面を整えていきますが、画像は1500番のペーパー研磨まで終了した状態です。
すでに作業前の黄ばみ発生のヘッドライトの原型はありません。

黄ばみ除去が完了し下地処理が完了したアルファードのヘッドライトの状態

黄ばみ除去が完了し下地処理が完了したアルファードのヘッドライトの状態

3000番のペーパー研磨まで終了しました。
ここから一気に写真を撮り忘れましたが・・・この後の作業は、ポリッシャー研磨→専用クリア塗装→3000番ペーパー研磨→最終仕上げ磨き
となり完成です。

急に作業説明が飛んでしまい大変申し訳ありません。
詳しくは↓↓↓



さて、完成写真です。

10系アルファードヘッドライト黄ばみ除去作業の完成画像

10系アルファードヘッドライト黄ばみ除去作業の完成画像2

完成画像ですが、一眼レフで撮影するチャンスがあったのでそちらで撮影しました。
カメラを変えたせいか、素人が撮影したせいか、すこし感じが変わってしまいました・・・。
逆に不自然になってしまったので次回からはまた、いつものカメラで撮影しながら記事を書きたいと思います。

今回の作業料金
10系アルファード ヘッドライト黄ばみ除去+ヘッドライト専用クリア塗装
「国産車Lサイズ」ヘッドライト左右セット
¥35,000円+消費税

お気軽にお問い合わせください!!
LINE@もやってます♪



過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

ベンツ ヘッドライトくすみ除去+専用クリア塗装

トヨタ アリスト ヘッドライトリペア+専用クリア塗装



17:46 | コメント (0)

ヘッドライト黄ばみはどの程度までの劣化ならリペアできるのか?2018.01.20

最近、郵送施工のご依頼増加に伴い、カーゴシゴシのヘッドライト黄ばみの記事を読んでいただきLINE@でお問合せをいただく件数が増えてきました。




誠にありがとうございますm(_ _)m


ヘッドライト黄ばみのお問い合わせの中でとても多いのが、「自分のヘッドライトの黄ばみは綺麗になるのか?」という質問です。
このお問合せにお答えするためにも写真を簡単に送れるLINEはとても便利で使いやすいですね。

今日は簡単にですが、ヘッドライト黄ばみがきれいに直るかの参考にしていただければな、といったことを書かせていただきます。

まず、このヘッドライトの黄ばみかた。(トヨタ クラウン)
黄ばみの発生したクラウンのヘッドライト

ヘッドライト全体がかなり黄ばんでいます。
ただ、この黄ばみかたは黄色い透明といいますか、透き通った黄ばみです。
このタイプのヘッドライトでしたら、どれだけ黄ばみが進行していてもとてもきれいに再生できます。

ただ、黄ばみ除去後にヘッドライト内側の結露跡などが少し目立ってしまう場合もありますが・・・。
このような写真が送られてきた時は、ほとんどの場合、「見違えるくらいに綺麗になります。」と返信させていただいております。

このクラウンのヘッドライトの作業の様子です。
※細かな作業風景は以下の別記事を参考にしてください。専門スタッフが丁寧に作業しております。



黄ばみ除去作業中のクラウンのヘッドライトの状態
ペーパー研磨にて黄ばみをヘッドライト表面の黄ばみを完全に除去した状態です。
この状態ですと、ヘッドライトの黄ばみは綺麗に落ちていることは確認できますが、完成時にくもった仕上がりになるのかはまだわかりません。

黄ばみを除去したクラウンのヘッドライトの状態
専用クリア塗装を施工する前の、ヘッドライト表面の下地をポリッシャー研磨にて綺麗に整えた状態です。
透明度があることが確認できます。
この後、ヘッドライト専用クリア塗装を施工します。

黄ばみ除去後にクリア塗装をしたクラウンのヘッドライトの状態
ヘッドライト専用のクリア塗装を施工した状態です。
透き通るような透明感が出ました。そして艶感がものすごくアップしました。

画像がないのですが、このあと塗装したヘッドライトの表面をきれいに磨き仕上げて完成となります。
このように、「透明感のあるヘッドライト黄ばみ」でしたら高確率で綺麗に再生できます。

次にこちらのヘッドライト。(たまたま、またまたトヨタ クラウン)
白ボケした黄ばみが発生しているクラウンのヘッドライトの状態
このクラウンのヘッドライトは先ほどのヘッドライトと同じく全体に黄ばみが発生していますが、少しくもっています。
このタイプのヘッドライトですと、綺麗な透明になることもありますが内側にくもりが発生し完成が少し白く曇った状態となる場合があります。
上記画像のような写真をお問合せで頂いた場合、「黄色味は全て取れ綺麗になりますが、完成時白く曇ったままになる可能性があります。黄ばみ除去研磨をしてみないとわからない部分もございます。」とお答えするときがあります。

このクラウンのヘッドライトを先ほどの綺麗に再生したヘッドライト同様の作業をして仕上げたものがこちらです。

黄ばみ除去しクリア塗装を施したトヨタクラウンのヘッドライトの状態
黄ばみは綺麗に取れていますが少し白くくもっています。
これが、「黄ばみは全て取れて綺麗になりますが」・・・「完成時に白く曇ったままになる」状態です。

施工前と比べかなり綺麗になってはいますが、新品同様までは仕上げることができません。

ただ、くもった黄ばみのヘッドライトを施工したら、すべてこのようにくもった仕上がりになるわけではありません。
本当に新品のようにきれいに再生することも多々あります。
仕上がりイメージをご説明させていただくための要素は他にもたくさんございますので、まずは画像添付の上ご相談いただければと思います。



過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

ベンツ ヘッドライトくすみ除去+専用クリア塗装

トヨタ アリスト ヘッドライトリペア+専用クリア塗装



13:00 | コメント (0)

ヘッドライトの黄ばみ取りを業者に頼む理由2018.01.19

ヘッドライトの黄ばみ取り作業はなぜ業者に頼むべきなのか?

ヘッドライトが黄ばみ、何とか直したいと考えたとき、多くのオーナーさんはカー用品店に行き「ヘッドライト黄ばみ取り」といったような商品を買い自分でやってみるのではないでしょうか?
そして、いざやってみると結構綺麗になる・・・。高いお金を払って業者に頼まなくてよかった・・・。
そう思うのもつかの間、綺麗にしたはずのヘッドライトは数日後にはまたくすんできて、1ヶ月、2か月たったころにはほぼ元通り。
時間とお金を使って綺麗にしたヘッドライトはまた黄ばみ劣化している。
しかも今度は、前回黄ばみ取りをした時にヘッドライト表面を磨いた(道具によっては溶かした)ので劣化スピードも速くなっているはずです。

DIYでやるのと業者に頼むのとの違いは?
ヘッドライト黄ばみ取りを自分でやった場合、費用はかなり安く済みます。
時間と体力は業者に頼まず自分で作業するので多く使います。
肝心の仕上がりはある程度綺麗になります。
そして、すぐに元に戻ります。

DIYでのヘッドライト黄ばみ取りの手順は、カーゴシゴシのホームページでも案内させていただいておりますが、業者に頼んだ場合の仕上がりまでもっていくのは不可能に近いかなと思います。


理由その1
業者(カーゴシゴシ)でのヘッドライト黄ばみ取りは専用機材を使用するため、手作業に比べ研磨能力や仕上がり具合が違う。

理由その2
業者(カーゴシゴシ)でのヘッドライト黄ばみ取り作業後はヘッドライト専用のクリア塗装を施工するため仕上がりも耐久性も違う。
DIYでクリア塗装をする場合、業者が使うようなエアースプレーでの塗装ができず缶スプレーでの塗装になるため、塗装後の仕上がりがあまりよくない。
また、ヘッドライト専用のクリアでないとソルベントクラックと呼ばれる致命的な不具合が起こる可能性が高い。
ソルベントクラックが発生したヘッドライトの状態
ソルベントクラックが発生したヘッドライト

理由その3
業者(カーゴシゴシ)でのヘッドライト黄ばみ取り作業は経験豊富な専門スタッフが施工するため、劣化したヘッドライトの様々な状態に対応できる。

他にもヘッドライト黄ばみ取りを業者に頼んだ方が良い理由はありますが、やはりなんといってもDIYで施工して→黄ばみ再発して→またDIYで施工して→黄ばみ再発して・・・を繰り返し、いつの間にか膨大な時間と積み重なってしまう費用のことを考えると、DIYよりは割高ですがしっかりとした再発予防のされた施工法と、経験豊富な技術による安心の仕上がりの業者に頼むほうが、結果的にご満足いただけるのではないかと思います。

過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

ベンツ ヘッドライトくすみ除去+専用クリア塗装

トヨタ アリスト ヘッドライトリペア+専用クリア塗装

ヘッドライトが黄ばんでお困りの方、しっかり綺麗にしたいけどDIYでやってみようかなという方、カーゴシゴシの施工風景をご覧いただき「業者に頼む」というのも検討項目に入れてみてはいかがでしょうか?



お気軽にお問い合わせください!!
LINE@もやってます♪

15:50 | コメント (0)

日産 グロリア ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2018.01.18

今回は日産グロリアのヘッドライトリペアと専用クリア塗装です。
郵送施工にてご依頼いただきました。



黄ばみが発生している状態のヘッドライト

黄ばんだ状態のヘッドライトのアップ画像1

黄ばんだ状態のヘッドライト3


黄色っぽくなり、表面が劣化しています。
今回はこのヘッドライトをしっかりリペアしていきます。
カーゴシゴシでは一つ一つの作業を細かくチェックしながら丁寧に仕上げていきます。

毎回、作業手順の詳細を書いていくと同じような記事になってしまうので、作業手順の詳細は過去の記事を参考にしてください!

不明な点がありましたらいつでもご質問ください。

過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

ベンツ ヘッドライトくすみ除去+専用クリア塗装

トヨタ アリスト ヘッドライトリペア+専用クリア塗装


いつも通り360番のペーパーからスタートします。
ペーパー研磨の途中も、ただ磨くだけでなく黄ばみの磨き残しやクラックの消し残しが内容色々な角度からチェックして作業を進めます。
ここでの不具合を見つけ出す目が仕上がりを重視する大切なところとなります。

ペーパー研磨にてリペア途中の状態のヘッドライト1

ペーパー研磨にてリペア途中のヘッドライト2


黄色っぽさはなくなりヘッドライト本来の白っぽさを取り戻しました。
ここからは専用クリア塗装をするためにヘッドライト表面の下地を整えていきます。

専用クリア塗装前のヘッドライトの状態1

専用クリア塗装前のヘッドライトの状態2


ヘッドライト本来の透明度が戻りました。
ここでリペア終了ではありません。ここから専用クリア塗装を施工しリペア後の綺麗なヘッドライトの状態を長く保てるようにします。

その前に・・・

ヘッドライトリペアの施工前後の比較画像1

色の違いがはっきりわかります。
比べるとこんなに劣化して黄ばんでいたんだな、ということがわかりました。

専用クリア塗装前までのヘッドライトリペア作業が終了した状態1

さてここから、専用クリア塗装を施工し、ヘッドライトリペア後も綺麗な状態を維持します。
画像がないため、完成画像となります。申し訳ありません。

ヘッドライトのリペア作業が完了した状態1

クッキリ
はっきり透明感のある綺麗なヘッドライトの戻りました。
今回のこのグロリアのヘッドライトは内側のくもりやくすみ・結露跡などもなく非常に綺麗な仕上がりとなりました。

ヘッドライトのリペア作業が完了した状態2

ヘッドライトのリペア作業が完了した状態3

ヘッドライトのリペア作業が完了した状態3

ヘッドライトのリペア作業が完了した状態5

ご依頼ありがとうございました。

今回の作業料金
グロリア ヘッドライト黄ばみ除去+ヘッドライト専用クリア塗装
「国産車Sサイズ」ヘッドライト左右セット
¥25,000円+消費税

持込施工はもちろん、郵送施工もどんどんお待ちしております。



16:20 | コメント (0)

ベンツなど輸入車のヘッドライトの劣化も復元可能です。2018.01.17

本日は、メルセデス・ベンツのヘッドライトリペア作業について。

ベンツやBMWなど、欧州車に乗られている方は体験したことがあると思います。
ヘッドライトのくすみ・黄ばみ。

そして、ベンツ・BMWのオーナー様でヘッドライトの黄ばみ除去を試みた中でも多いのが、「あまり綺麗にならなかった」という感想です。

最近、その理由が少しだけ判明しました。
カーゴシゴシでは、ヘッドライトの劣化復元作業は粗いペーパーからじっくり研磨して劣化部分を根こそぎ削り落とし、綺麗に整えてから専用のクリア塗装を施します。
※詳しいヘッドライトリペア作業の内容は過去の施工事例からご覧いただけます。

過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

お客様の言う「あまり綺麗にならない」は削り落とし切れていないことが原因である可能性があります。
というのも、輸入車のヘッドライトは国産車に比べ、劣化部分やハードコート層が硬く削り落とすのにも時間や道具の選定が必要です。

ですので、もしかすると、ヘッドライトリペアで綺麗にならないのではなくヘッドライトを綺麗な層まで磨き切れていないのかもしれません。

今回作業させていただいたベンツです。
輸入車のヘッドライトは表面が硬く、くすみやすくボケた感じになっているものが多いですが、その代わり国産車に比べヘッドライト内側の曇りや劣化が少なく、ヘッドライトリペアをすると見違えるほどきれいになります。







また、新品を購入しようとするとビックリするくらい高額である場合が多いです。

これは綺麗になるのか?

他店で断られたけど本当に復元不可能なのか?

など、ヘッドライトの劣化でお悩みの方はまずカーゴシゴシにご相談ください。



当店ではLINE@や郵送施工での施工受付もしておりますので、全国どちらにお住まいでもLINEで画像を送っていただきヘッドライトの郵送施工で対応できます。
ぜひ、ご検討ください。



 

09:00 | コメント (0)

トヨタ アリスト ヘッドライト劣化復元作業2018.01.16

今回は、トヨタのアリストを例としまして、ヘッドライトリペアの効果をお話しさせていただきます。
昨年よりヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装の施工記事をを載せるようになってから、ヘッドライトリペアのお問い合わせが急増しております。
もしかすると、ヘッドライトの黄ばみ除去という作業に関して、皆様「やらない」のではなく「知らない」部分も多いのではないか?と感じております。
「ヘッドライトの黄ばみは除去してもすぐ再発する」
とか、
「ヘッドライトの劣化は磨いても綺麗にならない」
とかは、一度DIY等でチャレンジされた方の中では常識かもしれませんが、カーゴシゴシでは非常識となります。
ですので、これからもカーゴシゴシではヘッドライトの劣化は新品交換の前に綺麗にする方法があるということをもっとアピールしていきたいと思います。

ヘッドライトの劣化に悩まされている方はまずお気軽にご相談ください。



今回の施工車両のアリストです。



年式は古いですが、かつて高級車と呼ばれた車であり、お客様にとって大切な愛車であることに変わりはありません。
しかし、時がたちヘッドライトが色褪せ黄ばんでいる状態でした。

今回も、粗目の研磨用ペーパーで劣化部分、黄ばみ等を削り落とし綺麗にした後、ペーパーの番手を徐々に細かくしながら表面を整えていきました。
※ヘッドライトリペアの詳しい作業内容はこちらを参考にしてみてください。

過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装


今回のアリストは磨くだけでもどれくらい綺麗になるのか?ということで、専用クリア塗装前の状態です。








くすみなどは綺麗に除去され透明感も復活いたします。
今回もお客様にお伝えしましたが、このままの状態ですとまたすぐに紫外線等で劣化し元のくすんだ状態になってしまいます。

ですので、ヘッドライトのリペアをした際には必ずセットで専用クリア塗装の施工をおすすめさせていただいております。
専用クリアを施工することにより、紫外線防止になるほかに艶感も数段アップしますし年単位で綺麗な状態が維持できます。



今回の作業料金
アリスト ヘッドライト黄ばみ除去+ヘッドライト専用クリア塗装
「国産車Mサイズ」ヘッドライト左右セット
¥30,000円+消費税

ヘッドライトをきれいにしたい。ということでも、実際には文章ではなかなか伝わりにくい部分もありますし、オーナー様が悩んでいる所はまた違ったところかもしれません。
今は電話やメールの他にも画像をすぐに送れるLINE等のツールもありますので、疑問がありましたらお気軽にカーゴシゴシまでご相談ください。



09:00 | コメント (0)

欧州車に多い ヘッドライト黄ばみを除去&クリア塗装2018.01.15

今日は、ベンツ・BMW・ワーゲン(VW)などの欧州車に多いヘッドライトの黄ばみ。黄変とも言います。
こちらの除去作業を施工いたしました。

街を走っている車にもよく見かける、

こんなヘッドライト。黄ばんでいたり、くすんでガビガビになっていたり・・・ボディはピカピカで綺麗なのにヘッドライトの黄ばみのせいで車全体が美しく見えなかったりします。

黄ばみを取る溶剤や簡単ヘッドライトコートなどの市販品がありますが、カーゴシゴシでは、時間をかけてしっかり磨きヘッドライトの黄ばみを除去していきます。

しっかりヘッドライト黄ばみを磨き落とさないといけない理由→ヘッドライトの黄ばみの根元から除去しないと、すぐに再劣化してすぐにまた黄ばんでしまうから。

ヘッドライトの黄ばみ除去施工については、きれいになったけど、すぐに元に戻った・・・。という話をよく聞きますが、これはヘッドライトにある黄ばみを根源から除去出来ていないから。

ただ、ほかにも理由はあります。ヘッドライトには新品の状態のときにはハードコートという保護塗装(コーティング)が施してあります。車は屋外で使用するため紫外線や雨・風でヘッドライトのハードコートも劣化し剥がれたり黄ばんだりします。ヘッドライト黄ばみ除去作業はその黄ばんだハードコートを丸ごと除去するわけですが、ハードコートが無くなったヘッドライトはただの透明な樹脂と同じですので、綺麗にしてもいずれ再発してしまいます。ヘッドライトコーティングを施工すると黄ばみの再発を遅らすことはできますが何年ももつ、というわけではありません。

カーゴシゴシでは、ヘッドライト黄ばみ除去作業後にはヘッドライトコーティングは必ず施工しますが、一番おすすめはヘッドライト黄ばみ除去後レンズリフォーマー(ヘッドライト専用クリア塗装)を施工することです。これは、簡単に説明しますと、ヘッドライトの黄ばみ除去の際に剥がしたハードコートを専用クリヤで再塗装することです。レンズリフォーマーを施工するとハードコートも復活しますし艶も出て紫外線からも保護されますのでヘッドライト黄ばみの再発はかなり遅らすことができます。ヘッドライトコーティングのみの場合と比べても雲泥の差です。

ヘッドライトクリア塗装の詳細は、こちらの過去の施工事例をご覧ください。

過去の施工事例

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装 作業風景

10系アルファードヘッドライトクラック修復+専用クリア塗装

スバル レガシィ ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】

トヨタ ハイエース ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装!

トヨタ 86 ヘッドライトクリア剥がれ補修&専用クリア塗装

スズキ ワゴンR ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装

今回はヘッドライトの黄ばみ除去+ヘッドライトコーティングのご依頼作業ですのでその様子を紹介いたします。

まず、ヘッドライトにある黄ばみ除去作業ですが目の粗いペーパーから少しずつ細かいものに変えながら黄ばみ除去→表面の調整をしていきます。
機械を使用したり、手磨きで行う場合もあります。

ペーパー研磨で黄ばみ除去中の様子



この状態だけを見ると、ほんとにきれいになるのか、キズだらけじゃないか、とお客様を不安にさせてしまいそうですが・・・。

粗いペーパーで黄ばみが除去できたら、あとは最後のポリッシャー磨きの時にペーパー目が残らないよう少しずつ番手を上げてペーパーの目を細かくしていきます。

そして最後はポリッシャー+コンパウンドで仕上げの磨きを行い透明度を上げていきます。

仕上がりはこんな感じになります。



右ライトも、



樹脂自体の劣化によるクラック(ひび割れ)やヘッドライトレンズの内側の黄ばみ・曇りは直りませんが、黄ばみの原因はほとんどが外側のハードコートですので見違えるほどきれいになることは非常に多いです。

ヘッドライトが黄ばんできたからいっその事交換してしまおう!と思っても、ベンツやBMWなどの欧州車のヘッドライトは十万円以上なんてこともあります。
ヘッドライト黄ばみ除去とヘッドライトコーティングもしくはヘッドライトクリヤ塗装で復活しますので、黄ばみで悩まれている方はカーゴシゴシにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください!!
LINE@もやってます♪



13:59 | コメント (1)

お電話でのお問い合わせ
0533-78-4854 受付 AM9:00-PM18:00(日曜定休)
メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(タップで電話をかける)

0533-78-4854

受付時間 AM9:00〜PM18:00(日曜定休)

メールフォームからのお問い合わせ

問い合わせをする

受付時間 24時間365日いつでもOK!