Car Goshi-Goshi BLOG お知らせや実績、日々のコト...Car Goshi-Goshi BLOG

お知らせや実績、日々のコト...

新車購入時のコーティングはカーゴシゴシで!2017.08.23

本日は、新車時の施工にオススメのコーティングについての話です。



新車購入時、ディーラーさんなどの新車販売店のスタッフからコーティング施工を勧められた方も多いと思います。というより最近では必須項目化して見積書に組み込まれた状態になっていることもありますね。
しかし、実際にコーティングを施工するとどのようなメリットがあるのかご存知でしょうか?

当店にお問い合わせいただくもので多い質問が、

・新車買った!コーティングすると水洗いでいいんですよね?
→そんなことはありません。

・新車買った!コーティングすると傷がつかないんですよね?
→そんなことはありません。

・新車買った!コーティングは何年もちますか?
→保管状況・使用状況によっても変わりますので一概に「何年もつ」とは言い切れません。

今お話ししたことは、カーゴシゴシのコーティングだから、ではありません。ディーラーさんのコーティングでも他のコーティングでも全て同じことが言えます。(悪口ではありません。気分悪くしたらすみません。)
じゃあ、「新車購入時にコーティングしたから普段は水洗いでいいですよ~」とか「このコーティングは新車時に施工すれば5年もちますよ~」と世間で言われる都市伝説のようなものは何なのでしょうか?
それはウソです。




じゃあコーティングは何のためにするのか?
カーゴシゴシでは新車時(経年車でも)にコーティングするメリット・意味としてこのような考え方です。

・塗装の耐久性を上げる
・紫外線のダメージを軽減させる。
・鳥糞などからのダメージを軽減させる。
・撥水性などの機能を持たせ洗車の負担を軽減させる。
・艶感を向上させ愛車の輝かせる。

他にもたくさんありますが、このように何百万も払って購入した愛車を綺麗に維持するための補助的な要素が強いかなと思います。
そして、新車時にコーティング施工することと同じくらい重要なのが施工後のメンテナンスです。
メンテナンスというのは、定期的に洗車をすることもそうですし、施工店に出してきっちり仕上げてもらうこともメンテナンスになります。



定期メンテナンスbefore→after


ここで一つ質問です。
①新車時にコーティングして5年間放置
②新車時にコーティングしてないが毎週末洗車

さて、5年後に綺麗な車はどっちでしょう?当然②です。結局、綺麗に維持していくためには定期的なメンテナンスは必要です。その頻度はオーナー様の個人差があっても良いと思います。ゴミ一つ嫌なオーナーさんは毎日洗車することが正解ですし、泥ハネとかは気にしないというオーナーさんは月一の洗車でも充分かもしれません。

結局のところ、オーナーさんがコーティング施工して安心してカーライフを過ごすために必要なことは、

・コーティング剤そのものの性能(当然ですが)
の他に
・施工後のトラブルに対応できる環境
・すぐ相談できる窓口

なども必須だと思います。
カーゴシゴシでは、コーティング施工していただいたお客様には無料で洗車場を貸し出しております。
高圧洗浄機・脚立・シャンプー・拭き上げクロスなど、すべて無料貸し出しです。

あとは、施工後に「虫の死骸がこびり付いた」とか、「水かけたらシミが取れなくなった」など、お電話いただいたりお店にご来店いただいたりした時にも対応策をいろいろとご提案させていただいています。
他にも、「ボディがザラザラする」とか、「白い点々がある」とか、自動車外装のトラブルの様々なご相談にも対応させていただいております。



エンブレム周りの黒ずみ除去

コーティング専門店は、コーティングを施工するための店ではなく、愛車のキレイを持続させるお手伝いをさせていただく店だと考えています。その足掛かりとしてまず車を購入したらコーティングを施工しましょう。という話になっているのだと思います。

本当は、カーゴシゴシのコーティング剤はこんなにすごいんだぞ!ということを書きたかったのですが、長くなりましたのでそれはまた別の機会で・・・

とにかく、これから新車購入・コーティング施工をお考えの方は、コーティングの性能だけでなく愛車の今後をトータルで相談できる所で施工されることをオススメします。

ちなみに・・・ということでカーゴシゴシの新車オススメコーティングの動画と料金表を載せておきます◎



カーゴシゴシコーティング価格表
http://car-goshi-goshi.com/coating/

11:48 | コメント (0)

「車を磨く」ことによる効果2017.08.16

本日は、磨きについて書きたいと思います。

磨きについて、と言っても今の時代ネットで調べればいろいろな情報が存在します。
本日書かせていただくことに関しても賛否両論出てくるとは思います。
ただ、カーゴシゴシではこの仕事を「技術職」ではなく「サービス業」と考えており、施工後の仕上がりレベルはあくまで「お客様のご希望に120%でお応えする」ことができれば満点と考えております。
ゴリゴリに磨けば塗装の膜厚も薄くなり悪影響もあります。
再塗装しなければ取り切れないダメージもあります。
逆に、もっと磨けば綺麗になるけどお客様のご予算の都合もあります。
色々なメリット・デメリットをご説明し、なおかつお客様の求める仕上がりを100とした時、納車時120でお応えする。それがカーゴシゴシの考え方です。
そして、人それぞれの「100」の要望に対し、どのお客様に対しても120でお応えできるよう、技術と知識の勉強を怠らないよう心がけております。

いきなり少し話がそれましたが、本日書かせていただく事はそういった「サービス」の部分でもなく単純に、車を磨くとここまで綺麗になったりします!というご紹介ですので・・・同業者の方や、知識の豊富な一般の方など、「そんなに磨いたら塗膜残らないじゃないか」とかそういった辛口コメントはお控えいただけるとうれしいです(笑)実際の施工にあたってはすべてお客様にご説明させていただいておりますので・・・。


さて、本題に戻って磨きについて。
車を磨くにあたってポリッシャーという機械を使いますが、種類も様々です。細かな説明は後日として、このポリッシャーという機械を使うと、洗車傷と呼ばれる傷はほとんど消すことができます。



洗車傷や雨染みなどが無数にありますが、磨くと・・・



ここまで復活します。画像2枚は同じ車です。
トヨタ ハリアーの202と呼ばれるソリッドブラックカラーです。

今回の202ハリアーのようなソリッドブラックの車は特に、一歩引いて見ると印象も変わります。


磨き前


磨き後


いかがでしょうか?今ご紹介したハリアーの塗装もそうですが、現在の塗装は基本的に2コートや3コートと言って、黒などのカラー塗料の上にクリア塗装が塗装してあります。
通常、洗車傷などの生活傷はこのクリア塗装面に付いており、磨く際もクリア塗装のみを磨き、傷やシミを削り取ります。ですので実際の所黒い車でも黒い部分を磨くことはありませんし何かにぶつけた傷とかではなければ生活傷はクリア塗装の部分のみが傷ついています。

次にご紹介するのは、そのクリア塗装が施されていない車両です。1コートといって現在も一部車両のソリッドカラー(メタリック・パールなどのキラキラが入っていない塗装)に採用されているものです。
この1コートソリッドの場合、傷などもカラー塗装面につきますし紫外線による塗装表面の劣化にによって「チョーキング」という現象が起きた場合、道路のガードレールのように色褪せて粉っぽい艶消しカラーになってしまいます。
車両に色褪せがおきた場合、2コートなどのクリアが塗装されている車両ですと、磨いてもクリア塗膜を磨くだけなので色を戻すことはできません。しかし、1コートですとカラー塗膜を直接磨くので色褪せた部分を削り取って元の色に復活させることができます。

















朱色といいますかピンクといいますか、かなり色褪せてしまった車両でも真っ赤に復活しました。


本日紹介した車両でも、実際には磨きすぎるマイナス面もたくさんあります。あくまでお客様とお話しして最も満足していただけるプランで作業をさせていただいております。
もしかすると磨かなくても取れるものだったり、逆に色が飛ぶまで磨いても取れない傷だったりします。

この記事を見ていただき、車を磨くことによる変化を感じていただければなと思います。
そして、これを参考に愛車の外装についてのお悩みはカーゴシゴシにお気軽にご相談ください!

愛車を綺麗にするご相談はカーゴシゴシまで
http://car-goshi-goshi.com/

愛車のトラブルに関するご相談はペンキミスト110番まで
https://penkimist.com/

18:05 | コメント (0)

Vクラスコーティングとアルファード後期化2017.08.10

本日は、お盆休み前の作業ラッシュ。今週施工したあれこれをご紹介いたします。
・ベンツVクラス カーゴシゴシ新型コーティング施工
・アルファード 10系 フロントフェイス後期化
・FJクルーザー デントリペアからの・・アスファルト乳剤飛散事故


まずはベンツのVクラスのコーティング施工から。
先日、投稿させていただいたブログ記事を見ていただき早速の施工予約をいただきました。
なんでも、カーゴシゴシのfacebookページにいいね!していただいている方が撥水動画を見ていいね!していただき、その拡散でブログを見ていただいたのだとか。
ネットのチカラ、恐るべしです。

さて・・・実はといいますと、作業途中の写真を撮り忘れてしまいました。
いきなりの完成写真です。



ツヤツヤとなりました!
今回は、カーゴシゴシのコーティングメニューの中でも最上級の「GS+コーテイング」に新登場のコーティングをトップコートとして施工させていただきました。
撥水力の耐久性も大幅アップし耐溶剤性も向上しております。
なんといってもこの艶です。





お気づきかもしれませんが、写真の撮り方がとても下手ですね。
また、お客様が遊びに来ていただいた際にパシャパシャと撮影させていただきます。
カーゴシゴシの新型コーティング、大好評受付中です。


続きまして、10系アルファードのフロントフェイス後期化です。
10系アルファードというのは初代アルファードのことを指します。
前期とか、後期とかはマイナーチェンジの前後のことを指します。
今回のお客様は、初代アルファードのマイナーチェンジ前のフロントフェイスをマイナーチェンジ後のフロントフェイスに変換したい、とのご依頼でした。
「マイチェン前後のものなんてそんなに変わらないでしょ?」と思われるかもしれませんが、施工した私もびっくり、お客様もびっくり、結構イメージが変わりました。

↓↓↓↓↓施工前↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓施工後↓↓↓↓↓


この10系アルファードですが、前期と後期でフロントフェイスのサイズが微妙に違うため、後期化するとなるとヘッドライト・フロントグリル・フロントバンパー・フォグランプ、すべて後期型用部品に変更しなくてはなりません。
配線の組み直しから前期ヘッドライトのHIDバラストの移植など、隠れたところの細かな作業がありましたが、キリッとカッコよく、アルファード後期化が完了いたしました。


そして、「ついでに~。」ということで、リアのライト類もスモークタイプに変更させていただきました。





そして最後は、FJクルーザーのアスファルト乳剤飛散事故。
昨晩、お客様よりお電話をいただき「乳剤が愛車全体に降り注いだ」と連絡をいただきました。



画像ですと大変わかりにくいですが、通常真っ白のお車なのですが車両全体にアスファルト乳剤が飛散し茶色っぽく曇ってしまっていました。
すでにパンパンでお盆前の作業は不可能でしたので、目立たないパネルで除去可能かを軽く作業させていただき除去可能!と判断いたしましたので、お盆休み明けの作業予約で昨夜は完了いたしました。
それにしてもお客様は随分と落ち込まれておりました。
もちろん、全体にネバネバしたアスファルト乳剤が飛散したこともありますが実はこのFJクルーザー、今週の月曜日にデントリペアのご依頼をいただき綺麗に直ってお客様もルンルンだった時にこの飛散事故だったのです。


このヘコミが・・・


この通り。




このヘコミが・・・


この通り。

デントリペアでは直らないのではないか?と心配されていたお客様も感動する仕上がりでとても満足頂いた直後でしたので。
落ち込んでいらっしゃるオーナーさんを元気にするためにも、アスファルト乳剤飛散除去をきれいさっぱりと仕上げさせていただきます。
当店はペンキミスト飛散事故鉄粉被害車両等の施工も得意としておりますので安心してお任せください。

16:01 | コメント (0)

プロテクションフィルム施工!【フィアット500ドアステップ】2017.08.02

本日はプロテクションフィルムの施工例です。今回はフィアット500のドアステップにプロテクションフィルムを施工させていただきました。
カットデータのない車種でも、カーゴシゴシではワンオフ施工といって型取りから車種に合わせたオリジナルカットプロテクションフィルムを作成し施工いたします。



まずは施工前の画像です。フィアット500純正のスカッフプレートがついていますが、ドアステップに靴がコツコツあたる場所をカバーすることができていません。
お客様との打ち合わせにて、ご希望のガード範囲を伺いプロテクションフィルムを貼っていきます。

プロテクションフィルムのワンオフ施工開始!
まずは型取りから。



このように、型取り用紙を貼り希望の形状にラインを入れプロテクションフィルムのカットラインを決めます。
たいしたことではないのですが、型取り作業の詳細は企業秘密ということで・・・。



カットラインが決まりましたら、型紙をプロテクションフィルムに貼り付けカットします。
すると、フィアット500専用の、お客様の希望した範囲をガードする、オリジナルプロテクションフィルムが完成します。

カットが完了すると、プロテクションフィルム施工に入ります。
ドアステップやドアエッジ、リアゲートトランクなどは、ドアノブ(ドアカップ)に比べ、プロテクションフィルム施工難易度は低いです。
ですので、施工するためのプロテクションフィルムの型取り・カットが終わるとその後の作業は比較的スムーズに進みます。



さて、施工後の画像です。
どこからどこまで貼ってあるかわかりますでしょうか?

貼ってあることがわからないのがプロテクションフィルムの魅力です。
変わり映えのない画像でブログ泣かせなのがプロテクションフィルムの魅力です。












角度を変えて撮影してみましたが、プロテクションフィルムに保護されている範囲をうまくお伝えすることができません。
上記にある、カットしたプロテクションフィルムの画像にあるものがこのドアステップに施工してあります。

これで、車の乗降時に靴が、ヒールが、それ以外の何かが、当たったとしてもすべてプロテクションフィルムの上にキズが付くだけですので、ボディを完璧に保護します。

今回のドアステップはドアを閉めると見えなくなる個所ですが、ボンネットなどの車両外側にプロテクションフィルムを施工しますと、鳥フンはもちろん、鉄粉ペンキミストなどが付着した際もボディまで痛めつけるほど浸食されることはありません。

プロテクションフィルムにキズが付いたら、汚れたら・・・
プロテクションフィルムは特殊な糊を使用しているため、綺麗に剥がすことができます。ですので傷ついても汚れても剥がせば元通り。

プロテクションフィルムの性能・スペックなどの詳細は当店HPのプロテクションフィルムのページにてご説明させていただいております。

プロテクションフィルムの施工事例は、ブログの施工事例集から随時更新させていただいております。

まずは、お気軽にご相談ください!!!

19:07 | コメント (0)

超撥水性・新型コーティング剤導入!2017.07.24

本日は、カーゴシゴシに新たに導入されたコーティングについてのお話です。

まず、自動車のコーティングとは?
現在、自動車のボディコーティングの主流はガラスコーティングと呼ばれる種類が多いですね。
「ガラスコーティング」と聞くと、窓ガラスにコーティングすることだと勘違いされる方も多いですが、実際には「ガラス質のコーティング」です。
コーティング剤が乾燥し固まると透明なガラスのような個体となります。





今回カーゴシゴシで導入するコーティングはこのガラスコーティングの種類の一つとなります。


次に、コーティングの性能ですが撥水性・親水性とは?
こちらに関しては、見ていただいた方が早いです。




↑こちらが撥水性。水を真ん丸にコロコロと弾くタイプです。コーティングしてあるなぁ。。と目で見て実感していただけますし洗車や雨に日などもコロコロ滑るように水玉が落ち愛車を見ていて楽しくもなります。




↑こちらが親水性。水を弾くことなくペタッとなりサーっと水が引いていく感じです。一見、コーティングしていないような感じですがこちらを好むお客様もまだまだ多いです。ドアミラーのコーティングなどがこの親水性を採用しています。


今回カーゴシゴシで導入するコーティングは超撥水性となります。


撥水性と聞いて、「黒い車には向いていないんじゃないか?」と思ったり、「雨染みがたくさん付着するんじゃないのか?」と思われた方も多いと思います。
今回導入のコーティングだけでなく、カーゴシゴシで採用している撥水性のコーティングは雨染みが付きにくい構造・性質のものを採用しています。「撥水性」に加え「滑り性」も付与したコーティングのため水切れが良く、また滑り性を付与することによって洗車の拭き上げ時などの抵抗も少なくなり洗車傷がつきにくくなります。
撥水性は雨染みが付くから黒い車にはダメだ!という声に関しましては、そもそも親水性のコーティングにも雨染みは付きますし屋外の環境で埃や・花粉・黄砂など様々なものが付着した状態の車ですとむしろ親水性の方が雨染みが付きやすかったりもします。コーティング剤の成分や使用環境によって変わることですので一概には言えませんが、現在の技術では撥水性より親水性の方が雨染みが付きにくいというのは大きな誤りです。

今回カーゴシゴシで導入するコーティングは黒い車にもオススメの超撥水コーティングとなります。

ここまで簡単な説明をさせていただきましたが、今までの話を踏まえてこちらの動画をご覧ください。



いかがでしょうか?防汚性や撥水性となる成分のフッ素を従来の約5倍添加し、コーティングそのものの耐久性はもちろん撥水性能の持続性も向上した見ていて楽しくなるような水切れのコーティングです。
これから、新車購入予定の方・一度愛車をリフレッシュしてコーティングをかけ直そうと検討中の方、ぜひカーゴシゴシのこの新型コーティング剤を施工してみてはいかがでしょうか?

当店はコーティングだけでなく磨きの専門店ですので、車両の下地処理もお任せください。新車ではなかなかないかもしれませんが、日常生活で使用している際のトラブル(ペンキミスト鉄粉被害など)のお悩みも解決し愛車の塗装面を万全の状態になるよう下地処理を行いコーティング施工させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください♪

18:41 | コメント (0)

ペンキミスト飛散?付着原因や除去方法は?2017.07.12

本日は、ペンキミストについてお話ししたいと思います。ペンキミストが飛散し愛車に付着した場合の対処方法など・・。



まずこちらの画像。白い小さな点々が無数にあるのがわかりますか?(少し花粉なども混ざっていますが・・・)
これがペンキミストやペイントミスト、塗料ミストと呼ばれるものです。

ではこのペンキミスト、なぜ付着するのでしょうか?
ペンキミストが付着する主な原因は、車の走行中または駐車中に近隣の建築現場などで塗装現場から風で浮遊して付着するものがほとんどです。



ただ!
ここで誤解を招く方がいないように説明しておきますね。
塗装工事現場がどこもペンキミストを飛散させているわけではありません。むしろペンキミストが飛散することはまずありません。
建築塗装現場では塗装業者さんは近隣の建物や自動車などに厳重に養生を行います。まず飛散しないであろうペンキミストが万が一飛散した時のために養生をします。

それでも、不安定な気流であったり突風が突如吹いたりして想定をはるかに超えた場合、ペンキミスト飛散事故が起きてしまいます。
実際、カーゴシゴシが対応させていただいたペンキミスト飛散事故の現場は、塗装工事現場から50m以上も離れた場所にペンキミストが飛散して付着したケースも少なくありません。

さて、実際に車にペンキミストが飛散し付着した場合、除去・車両復元の費用はいくらくらいかかるのでしょうか?また、綺麗に元通りになるのでしょうか?
まず愛車がきれいに戻るか、というところですがこちらはまず問題なく元通りになります。そしてほとんどの場合、ペンキミストが飛散・付着する前よりもきれいになります。
よく、「ペンキミストが付着したら全塗装で修理するしかない」という話も聞きますが、ほとんどはペンキミストの特別な施工工程により全塗装をすることなくペンキミストは綺麗に除去することが可能です。





そしてペンキミストの粒をすべて除去する際に少なからずボディにキズを付けてしまいますので車を磨きます。





もともとあった洗車キズや薄い線キズも消えてしまいますので高確率でペンキミスト飛散・付着前に比べ綺麗な状態となります。
画像の車両は特別塗装が柔らかく、予想以上にキズが消えてしました。ここまでとはならないケースもありますがペンキミスト付着前より確実にキズは減ります。

そして、車のボディパーツの中でも磨けない部分⇒カウルと呼ばれるワイパーの取付部分にある黒い梨地の部品などはペンキミスト除去時に素材が痛む場合がありますので、その場合は部品を新品交換いたします。

気になる費用ですが、ペンキミスト飛散車両の除去作業料金は通常のコーティング施工に比べやはり高価な作業となります。しかし、「ペンキミスト飛散事故」と呼ばれるようにペンキミストが付着した車両の除去作業は事故となり損害保険が使える場合がほとんどです。損害保険の種類も、

・塗装工事現場が加入している工事保険
・車両オーナーが加入している車両保険

と、通常の事故の際に使用する種類・内容とは違います。

もしペンキミストの飛散元の工事現場がわかり、その現場の塗装業者さんが了承した場合、建築塗装現場などが加入している工事保険でペンキミスト飛散付着車両の修復代金が支払われます。
ペンキミストの飛散元がわからず、でも車両保険に加入している場合車両オーナーの車両保険を使用してペンキミスト飛散付着車両の修復代金を支払うこともできます。この場合、通常の交通事故の修理ですと次年度等級が3等級下がりますが、ペンキミスト飛散事故の場合、飛び石によるフロントガラス交換の際と同じで特例で1等級ダウンで済みます。詳しくは加入先の保険会社にお問い合わせください。

このように、ペンキミスト飛散による付着物除去作業は高額修理の作業となってしまいますが、自費となるケースはほとんどありません。愛車にペンキミストが付着しているけど・・というオーナーさん、一度カーゴシゴシにご相談ください。


また、カーゴシゴシでは想定外のペンキミスト飛散事故を起こしてしまった塗装業者様や、気づいたらペンキミスト飛散事故に見舞われていたという車両オーナー様など、ペンキミスト飛散事故にかかわるすべての方の目線に立ちペンキミスト飛散事故の円満解決のお手伝いをさせていただくための専用サイトを作りました。

現状、作成途中ですのでこれからどんどん内容も充実していきますが、ペンキミスト飛散事故・塗料ミスト飛散事故の対処の流れから、ペンキミストの落とし方・除去方法など様々な情報を載せていきますので「ペンキミスト」は「カーゴシゴシ」にご相談ください。

ペンキミスト110番(現在作成途中)
https://penkimist.com/

11:12 | コメント (0)

プロテクションフィルム施工事例集その12017.07.08

本日は、カーゴシゴシで施工したプロテクションフィルムの施工事例をご紹介いたします。
ドアノブの爪キズ防止からボンネットの飛び石防止、サイドステップの靴キズ防止まで、プロテクションフィルムはありとあらゆる場所に施工可能です。




こちらはトヨタ・アクアのドアノブ部分の施工です。カーゴシゴシのプロテクションフィルム施工の中では王道の施工箇所になります。
画像の通り、言われなければ貼ってることがわからない仕上がりとなっております。ここまで目立たないのプロテクションフィルムは車種ごとに違うプレスラインに合わせた1台1台オリジナルのカットデータを使用しているからです。





一歩離れるとこの通り。
ドアノブにプロテクションフィルムが施工してあることは気付かないレベルの仕上がりとなります。爪キズの悩みから解放されるための新車時施工でした。





こちらはホンダ・バモス。ドアノブ(ドアカップ)の形状は様々です。このバモスも特徴的な形状ですが、カーゴシゴシのプロテクションフィルムでは全車種対応です。
もし、古い車や希少車両などでカットデータがない場合、一から型取りを行いワンオフ施工いたします。ドアノブ部分に関しては追加料金無しです。
このバモス、プロテクションフィルムを施工してある部分のほうが艶が出てしまうくらいの仕上がりとなりました。




こちらは日産・セレナ。ドアノブのプロテクションフィルム施工で難易度の高い形状がこのハンドルタイプと呼ばれるもののドアカップでお椀型をしております。
そして最近の自動車はほとんどがこのタイプを採用しておりますね。
プレスラインに合わせたカットフィルムは施工がとても難しいため(お椀型なのでしわが寄りやすい。)一般ユーザー向けに販売しても施工できない場合が多いです。
汎用品でないカーゴシゴシの車種専用プロテクションフィルムは専門店施工をおすすめいたします。




日産・セレナの一歩引いたところからの1枚。
プロテクションフィルムはどこに貼ってあるでしょうか??




こちらはホンダ・S660。ものすごく特徴的な形状です。こちらはドアノブ(ドアカップ)の奥行きが深く、カットデータもなかったため型取りからのワンオフ施工となりました。
この形状は、型を取ってしまえばプロテクションフィルム施工自体は難易度は高くありません。




ホンダ・S660の一歩引いた画像。車体カラー問わず、プロテクションフィルムは目立たず施工可能です。




こちらはレクサス。レクサスのドアノブ(ドアカップ)は画像のように特徴的で、プロテクションフィルムのカットフィルムはイナズマ型と言いましょうか少し変わった形になります。
ただ、この特徴的なプレスラインのせいか、プロテクションフィルム施工後は他の車両によりもさらに目立ちません。




このレクサスはドアエッジにもプロテクションフィルム施工いたしました。
この部分にメッキタイプのものやボディ同色のゴムモールを装着している車両をよく見かけますが、「ホントは目立たず保護したい」のであればプロテクションフィルム一択です。




レクサスのドアノブ&ドアエッジ、プロテクションフィルム施工後です。これで、ドアエッジの塗装欠けの心配なしです。




こちらはトヨタ・プリウス。ボンネット一枚まるまる、飛び石保護のためにプロテクションフィルム施工いたしました。
カーゴシゴシで使用しているプロテクションフィルムは艶がすごいです。ボンネットのような平面の広い部分にプロテクションフィルムを施工しますと、純正塗装の状態よりもコーティング施工後よりもつやつやになります。




ボンネットのような場所にプロテクションフィルムを施工する場合、画像のような角の部分はフィルムを巻き込むとシワになる場合があります。もちろん巻き込んで施工する方法もありますが、カーゴシゴシでのボンネットプロテクションフィルムの通常施工は目立たずきれいな仕上がりとなる画像のような切り込みを入れた施工法を採用しています。もちろんボンネットの角以外の縁はきれいに巻き込んで貼っておりますので、ドアノブ同様、プロテクションフィルムが貼ってあるなんて気づかれない仕上がりとなります。




さらにトヨタ・プリウスの続きです。ドアノブ(ドアカップ)にもプロテクションフィルム施工させていただきました。




どの車種どのカラーでも、プロテクションフィルムが貼ってあることは目立ちませんが、パールホワイトは特別よくなじんでわかりにくいと思います。




さらにさらにトヨタ・プリウスの続きです。リアゲートにもプロテクションフィルムを施工させていただきました。
この場所はゴルフをされている方がゴルフバックのキズ防止のために貼られるパターンが非常に多いです。プロテクションフィルムは400%に伸びる特性もあるほどなのでゴルフバッグがガツガツ当たったくらいではボディにキズは付きません。




さてさて、このトヨタ・プリウスのリアゲート。どこまでプロテクションフィルムが貼ってるでしょうか??


今回はここまでですが、カーゴシゴシでのプロテクションフィルムの施工例はまだまだあります。
随時更新していきますのでよろしくおねがいたします。。

プロテクションフィルムの詳しい性能は当HPのプロテクションフィルムのページをご覧ください。

http://car-goshi-goshi.com/protection-film/

11:05 | コメント (0)

お電話でのお問い合わせ
0533-78-4854 受付 AM9:00-PM18:00(日曜定休)
メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(タップで電話をかける)

0533-78-4854

受付時間 AM9:00〜PM18:00(日曜定休)

メールフォームからのお問い合わせ

問い合わせをする

受付時間 24時間365日いつでもOK!