ヘッドライト黄ばみバナー

特殊工程でヘッドライトの黄ばみ・劣化クラックを除去します。その後、再発防止のためにヘッドライト専用のクリア塗装を施工します。

※2018年2月7日 ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」を導入いたしました!

ドリームコートの情報ページはこちらから!

■ただいま施工店も大募集中

※ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」の施工店募集に関して
最近、ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」に関しまして多くのお問い合わせをいただいております。
施工依頼等のお問い合わせは今まで通りお答えさせていただいておりますが、中には「会社名は名乗れないが・・・」という業者様もおられます。

業者様からのヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」に関するお問い合わせは、「会社名」・「担当者」・「連絡先」等を教えていただいた場合のみお答えさせていただいておりますので、よろしく願いいたします。
尚、業者様からのお問合せも一般ユーザー様同様、お問い合わせフォームかLINEよりご連絡ください!

※「ドリームコート」のよくあるお問い合わせ

・OEMですか?
→→いいえ、メーカー直の正真正銘の正規品です。

・類似品ですか?
→→いいえ、「ドリームコート」は品質の保証された完全プロ仕様の正規品です。

・耐久性表示は本物ですか?
→→はい、「ドリームコート」は4年間の実証実験済みの正規品です。

上記のように、ドリームコートはメーカーによる実証実験が終えた後、ついに一般施工が開始された新しいヘッドライト再生技術ですので安心してご依頼ください。

ヘッドライトの黄ばみについて

ヘッドライトはなぜ黄ばむのか?

新車で購入して長く乗られている方、中古車を購入された方の悩みで多いヘッドライトの黄ばみ

黄ばんだヘッドライトの状態

劣化し黄ばんだヘッドライト

自動車のヘッドライトはなぜ黄ばむのかというと、自動車のヘッドライトは昔はガラス製だったのですが現在はポリカーボネートという樹脂製のものになっています。このポリカーボネートという素材の特性上、紫外線などで変色しやすく黄ばみや劣化によるクラックが発生します。

ヘッドライトには新品時にハードコートが施工されています。自動車は屋外で使用するものになりますので、日常的な使用でもこのハードコートが紫外線などに侵され徐々に黄ばみが発生します。

ヘッドライトの黄ばみは磨けばOK?


「ヘッドライトが黄ばんできたから磨いて綺麗にしてほしい!」
というお客様はとても多いです。
しかし、ヘッドライトの黄ばみは磨いて除去できればそれで良いというものではありません

ヘッドライトの黄ばみを磨いて除去する際に、ヘッドライト表面のハードコートをすべて剥がしてしまいます。

クリア層を削り落とし作業の状態

クリア層を削り落とし作業の状態

そうするとヘッドライトの表面はポリカ樹脂むき出しの状態で劣化に非常にに弱い状態となります

「ヘッドライトの黄ばみを除去したのにすぐ黄ばんできた。」
「ヘッドライトを磨いてコーティングまで塗ったのにまた黄ばんできた。」

そういった経験をされた方も多いのではないでしょうか?
ヘッドライトの黄ばみを磨いて除去しても、劣化した黄ばみ層を完全に除去しない限りすぐに黄ばみが再発します
「すぐ」とはどれくらい?
早ければ1ヶ月もすれば、長くても半年は持たないでしょう

また、コーティング剤を塗ったとしてもプロ用の紫外線を当てて硬化させるコーティングなどではない、通常のただ塗るだけのコーティング剤ですと黄ばみの再発を少し遅らせるだけであまり効果はありません。

ヘッドライトの黄ばみを磨いて除去するだけ
ヘッドライトを一時的にきれいにする。

ヘッドライトの黄ばみ除去+コーティング
ヘッドライトの黄ばみの再発を少し遅らせる

黄ばみ再発は避けられないのか?

じゃあ、ヘッドライトの黄ばみは除去→再発の繰り返しじゃないか。と思われるかもしれません。

その悩みを解決する方法が『ヘッドライト専用クリア塗装』です。
このヘッドライト専用クリア塗装とは、ポリカーボネート樹脂専用に作られたもので紫外線防止効果もあります。
性能も、ヘッドライトの黄ばみを完全除去した後に施工すると新品時のハードコートと同じ役割を果たし、透明感のあるヘッドライトの状態を維持することができます。

※さらに2018年2月、ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」も導入いたしました。
このヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」とは、特殊な溶剤(コーティング剤)でヘッドライトの素材であるポリカーボネートの表面を溶解しながらコーティング剤を浸透・定着させるというもので、耐久性は約3年(メーカー発表値)、そしてなんといっても仕上がりの透明感は専用クリア塗装をはるかに凌ぎます。

表面に細かいひび割れが発生している!


劣化したヘッドライトは黄ばんでいるだけではない場合があります

表面にチリチリとした細かなひび割れをおこしているヘッドライトも多いです。
これはクラックと呼ばれ、紫外線などで劣化したポリカーボネートで起こる現象です。

クラックの発生したトヨタアルファードのヘッドライトの状態2

クラックの状態

ヘッドライトリペアを業者に依頼した時、「黄ばみはとれますが、劣化によるひび割れはもうどうしようもありません。」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

カーゴシゴシでは、このようなクラックもちょっと特殊な道具と施工法でほぼ完全に除去できます
本当に劣化がひどくクラックというより完全に割れてしまっているもあるので100%とは言い切れませんが、見違えるレベルでクラック除去することができます

「ヘッドライト黄ばみ再生」を謳っているところは星の数ほどありますが、カーゴシゴシの違いを見せるとすればここもその一つかと思います。

どれだけ良い再発防止剤(ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」や専用クリア塗装)を施工したとしても、施工前の下地処理(黄ばみ除去・クラック補修・クリア剥がれ補修)が完璧にされていないと仕上がりは綺麗になることはありません。ヘッドライトリペアで綺麗に仕上げるための最大のポイントは施工前の下地処理です。

今すぐ相談してみる!という方は↓↓↓

ヘッドライトリペア施工工程

※専用クリア塗装施工の場合

黄ばみの発生した施工前のヘッドライトの状態
①状態確認
まずヘッドライトの状態を確認します。黄ばみの具合・深さ、クラックの発生の有無など全体をチェックします。
マスキングをしたヘッドライトの状態
②マスキング
これから、清掃・磨き・塗装などの作業を進めていきますので、まず施工面でない裏側はマスキングします。
黄ばみを削り取っているヘッドライトの状態
③ハードコート研磨
ヘッドライトの状態に応じてペーパーの粗さを変えながら、ヘッドライト表面の黄ばみ・クラック・ハードコートを削り落とします。
ペーパ研磨中のヘッドライトの状態
④表面調整ペーパー研磨
徐々にペーパーの番手を上げ細かいもので磨き整えていきます。
黄ばみが付着した研磨ペーパーの状態
補足①
今回使用した600番ペーパーの拡大。ペーパーに付着している磨き粉が黄ばみです。この粉が白くなるまで磨きます。
黄ばみ除去終了時のペーパーの状態
補足②
3000番ペーパーの拡大。ここまでくると最終段階なので、磨き粉は白くなります。
黄ばみ除去後クリア塗装前のヘッドライトの状態
⑤クリア塗装前仕上磨き
表面を整えたら、黄ばみ除去作業の仕上げにポリッシャーでヘッドライトを磨き、クリア塗装前に表面を仕上げます。
黄ばみ除去しクリア塗装後のヘッドライトの状態
⑥専用クリア塗装
特殊工法で密着度を上げヘッドライト専用のクリア塗装を施工します。
クリア塗装後仕上げ磨き中のヘッドライトの状態
⑦仕上げ磨き
再度ペーパー研磨します。塗装中に表面に付着したゴミや埃を取り除く事と、クリア塗装の塗装面を平らにするためです。
クリア塗装後仕上げ磨き中のヘッドライトの状態2
補足③
塗装後は上画像のように塗装肌というものができます。これを完全に取り除いてから仕上げ磨きに移ります。
黄ばみ除去完了のヘッドライトの状態
⑧完成
最後にポリッシャーで丁寧に磨き完成です!

黄ばみ完全除去のヘッドライト
新品のような輝き!
黄ばみ除去施工前と施工後のヘッドライト
比べてみると一目瞭然です

※ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」での施工の場合

ヘッドライトスチーマー施工前の日産シルビアのヘッドライトの状態
①状態確認
まずヘッドライトの状態を確認します。黄ばみの具合・深さ、クラックの発生の有無など全体をチェックします。
マスキングをしたヘッドライトの状態
②マスキング
これから磨き作業を進めていきますので、研磨粉が入ってはいけないような所にマスキングします。
ヘッドライトスチーマー施工前の日産シルビアのヘッドライトの状態2
③ハードコート研磨
ヘッドライトの状態に応じてペーパーの粗さを変えながら、ヘッドライト表面の黄ばみ・クラック・ハードコートを削り落とします。
ヘッドライトスチーマー施工前の日産シルビアのヘッドライトの状態3
④表面調整ペーパー研磨
徐々にペーパーの番手を上げ細かいもので磨き整えていきます。
黄ばみが付着した研磨ペーパーの状態
補足①
今回使用した600番ペーパーの拡大。ペーパーに付着している磨き粉が黄ばみです。この粉が白くなるまで磨きます。
黄ばみ除去終了時のペーパーの状態
補足②
3000番ペーパーの拡大。ここまでくると最終段階なので、磨き粉は白くなります。
⑤ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」施工
ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」を施工します。傷の入った状態のヘッドライト表面に溶剤が反応しコーティングされていきます。
ヘッドライトスチーマー施工後の日産シルビアのヘッドライトの状態
⑥完成
施工後は表面が透明感抜群のツルツルの状態となりますのでそのまま完成です。

ヘッドライトスチーマーで透明感抜群の日産シルビアのヘッドライトの状態
新品のような輝き!

ヘッドライトスチーマー施工前の黄ばみが発生した日産シルビアのヘッドライトの状態
ヘッドライトスチーマーで透明感抜群の日産シルビアのヘッドライトの状態2

比べてみると一目瞭然です

注意事項

劣化したヘッドライトの中には、ヘッドライトレンズの内側が曇っている場合ヘッドライト内側にクラックをおこしている場合があります。
この内側の曇りとクラックはヘッドライト黄ばみ除去の磨きを行っても除去することはできません

施工料金

ただいまヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」導入キャンペーン実施中!

内容はコチラから!

カーゴシゴシでのヘッドライト黄ばみ除去施工はヘッドライトを取り外した状態での施工となります。
ヘッドライト再生の新技術「ドリームコート」での施工の場合、車種によってはヘッドライトを取り外さずに施工できる場合があります。
車両に取り付けられた状態で施工すると、角などの細かいところを強く磨けずヘッドライトの黄ばみを完全に除去することができない場合がありためです。

入庫時には、お客様自身もしくは整備工場などでヘッドライトを取り外した状態で持込みいただくか、車両ごと持ち込んでいただきカーゴシゴシにてヘッドライト脱着作業も請負う形の2パターンがあります。
カーゴシゴシでヘッドライトの脱着作業までご依頼される場合、別途脱着費用がかかります。

 国産車(左右セット)
Sサイズ ¥25,000
Mサイズ ¥30,000
Lサイズ ¥35,000
 輸入車(左右セット)
Sサイズ ¥30,000
Mサイズ ¥35,000
Lサイズ ¥40,000
 ヘッドライト脱着工賃
全車種共通 ¥15,000

※価格は税抜き

※片側のみの施工の場合は表示金額の半額となります。(脱着工賃は変わりません。)

施工事例

ヘッドライトリペアの施工事例(施工前後の画像)です。
※画像をクリックすると作業詳細記事へリンクします。

黄ばみ除去
ヘッドライト黄ばみ除去の施工事例

劣化クラック補修
ヘッドライトクラック補修の施工事例

クリア剥がれ補修
ヘッドライトクリア剥がれの施工事例

他にも、カーゴシゴシでは毎月数十台のヘッドライトリペアを施工しておりますので、施工事例は随時更新中です!

その他の施工事例

↑↑↑ここをクリック!↑↑↑

 

DIY応援

日本全国でヘッドライトの黄ばみで悩まれている方はとても多いのではないでしょうか?
しかし、ヘッドライトリペアを安く済ませようと表面的に黄ばみを取るだけの商品やサービスを受けても黄ばみ再発でまた悩んでしまいます。
かといって、なかなかここまでの金額が払えないというオーナーさんもいると思います。
「業者に頼むには予算オーバーだから自分でやってみようかな。」という方へDIY向けのヘッドライト黄ばみ除去作業手順の案内も作りました。

 

郵送施工

「カーゴシゴシで施工をお願いしたいんだけど・・・遠い。」という方には郵送施工のサービスをご利用ください。
日本全国どこからでも、当店のヘッドライトリペア施工をご依頼いただけます。
顔の見えない取引になりますが、丁寧に責任をもってお預かりさせていただきますのでご安心ください。

まずは見積もりだけでも・・・写真を見て修復できるか判断してほしい!
という方にはLINEが便利です。
画像と一緒にお気軽にご相談ください。