Car Goshi-Goshi BLOG お知らせや実績、日々のコト...Car Goshi-Goshi BLOG

お知らせや実績、日々のコト...

日産 スカイライン ヘッドライトリペア+専用クリア塗装【郵送施工】2017.10.17

今回もヘッドライトの記事です。
ヘッドライトリペアの作業記録がたまっておりますのでしばらくヘッドライトリペア三昧となる予定です。

今回のヘッドライトは兵庫県からの郵送施工依頼をいただきました、日産スカイライン。
黄ばみがひどくて・・・というよりもヘッドライト表面に無数のキズが!
劣化というよりも何かと接触して付いたようなキズでした。



運転席側のヘッドライトの状態がひどく、助手席側はほぼ無傷でした。
お客様からもご相談があり、「運転席がひどいので運転席ヘッドライトのみの施工でどうか?」との事でしたが、ヘッドライトリペア+クリア塗装を片方だけ施工しますと、しばらくすると反対側だけ劣化してきます。今度はそっちだけやって・・・のいたちごっこになってしまうので両側同時施工がおすすめですよ。と説明させていただき両側施工となりました。



縦方向に無数の線がありますがこれ、すべてヘッドライト表面に付いた傷です。



運転席ヘッドライト全体に傷がありました。

そして、もう一つ気になったところが、



ヘッドライト外周のこの黒い部分。
クリア?のような塗装も剥げ、色も褪せておりました。





ここに関しては、カーゴシゴシとして完成の時にもっときれいな仕上がりにしたかったのでお客様に逆オファーいたしました。
「追加料金は不要ですので、ここ、黒く塗り直しても良いですか?」と。
お客様からも快諾いただき、今回はヘッドライトリペア+補修塗装+専用クリア塗装となりました。

作業開始。
今回はヘッドライト黄ばみはほとんどありませんが深い傷がたくさんあったので、360番のペーパー研磨からスタートしました。



360番ペーパー研磨終了。
この時点で黄ばみはもちろん、ヘッドライト表面の傷もすべて除去しました。
取り切れるか不安だった、



この深い傷も完全に除去できました。
ここからはいつも通り、ヘッドライト表面をきれいに整えながら仕上げていきます。
500-800-1200-1500-2000-3000番の順でペーパー研磨いたしました。

3000番ペーパー研磨終了時。
と、いつもなら写真を撮っているのですが作業に没頭しすぎて取り忘れました。。。

ペーパー研磨終了後、ポリッシャー研磨でヘッドライト表面を仕上げ塗装に入ります。
今回は、ヘッドライト外周の黒塗装→全体を専用クリア塗装の施工となりました。



ヘッドライト専用クリア塗装まで終了。



黒部分もいい感じに艶が出ました。





ここから熱を加え強制乾燥してヘッドライト専用クリア塗装を乾燥させます。



乾燥後のクールダウン中・・・。



硬化後はヘッドライト表面のブツ取り&仕上げ研磨です。



3000番のペーパー研磨を行い・・・(今回はちゃんと写真撮りました!)



ポリッシャー研磨で完成です。
もちろん、ヘッドライト外周の黒塗装の部分もしっかり磨きました。



ヘッドライト表面にあった傷はすべて除去ししっかりリペアできました。



近くで見ても傷一つありません。



黒部分も艶が出ていい仕上がりとなりました。



両側施工させていただきましたので、今後も安心です。

この後、お客様の元へ返送するのですが、郵送施工はお客様のもとに届いて到着連絡をいただく際の感想がドキドキします。
顔の見えない取引になりますので、お客様も不安かと思いますがその分、丁寧な対応・作業を心がけておりますので、安心してお任せください!

まだまだ、ヘッドライトリペア・黄ばみ除去・専用クリア塗装の事例がございますので、これからも飽きずにお付き合いよろしくお願いいたします。





11:40 | コメント (0)

トヨタ ノア ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装【郵送施工】2017.10.14

今回もヘッドライト黄ばみ除去&クリア塗装の記事です。
大阪府のお客様のトヨタ ノアのヘッドライトを完全黄ばみ除去とヘッドライト専用クリア塗装を施工いたしました。

このヘッドライト、とにかく黄ばみがすごくカーゴシゴシで作業させていただいた中でも過去最高だったかもしれません。





運転席側のヘッドライトの方が黄ばみがひどかったのですが、助手席側のヘッドライトは作業跡といいますか、なにかで磨いた形跡があり帯状に深い傷が入っていました。







ちょうど真ん中のあたり。白い帯状になっていますがここは黄ばみ除去研磨した跡がありキズまみれになっていました。



運転席側。こちらは単純にものすごく黄ばみが発生していました。


では、このヘッドライトを磨いていきます。
今回はヘッドライト黄ばみを根こそぎ削り落とすため、360番のペーパー研磨から開始いたしました。





360番のペーパー研磨終了時です。
ヘッドライトの黄ばみはこの粗いペーパーでの作業時にすべて除去します。
傷だらけの状態ではありますがヘッドライトが黄ばんでいたものから白くなったかと思います。



磨き途中の磨き粉です。
ヘッドライトの黄ばみ部分ですので黄色い粉が工場内を舞っておりました。

ここからは、ヘッドライト表面をきれいに整えるため、ペーパーを徐々に細かいものにして、自分でつけた磨き傷がヘッドライト表面に残らないよう慎重に磨いていきます。





360-500-800-1200-1500-2000とヘッドライトをペーパー研磨していき、最後の3000番を当て終わった状態です。
まだ少しボケていますが、だいぶクリアになりました。
ここからポリッシャー研磨でヘッドライト表面をツルツルにします。





磨き終わりました。あの黄ばみのひどかったヘッドライトが懐かしくなるほどきれいになりました。
ヘッドライト黄ばみ除去作業はこれで完了ですが、ここから再発防止・耐久性アップのためにヘッドライト専用のクリア塗装を施工いたします。





いきなり塗り終わりの状態です。
照明の関係で少し色味が違いますが、プルっとした仕上がりになりヘッドライト表面もなんとなく重厚感のある艶のクリアになりました。
ここから熱を加え、しっかりと強制乾燥させてヘッドライト専用クリアを硬化させます。



しっかりと硬化させ、最終仕上げ磨きに移ります。
塗装中に乗ったヘッドライト表面のほこりやブツを取り除き、表面を平らに整えるため3000番のペーパー研磨後ポリッシャーで磨きます。



磨き完了。夕日を浴びながらの作業でしたので写りが少し赤っぽいですが、しっかり仕上がりました。



完成!
今回のヘッドライトは、内側の曇りやクラックもなく表面の黄ばみのみでした。
ですので、ヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装で見違えるほどきれいになりました。








お客様に喜んでいただけるよう願いを込めて発送させていただきます。
まだまだヘッドライト黄ばみ除去+専用クリア塗装の施工がありますので今後もどんどん紹介していきます!




今回のような郵送施工大歓迎です!







16:14 | コメント (0)

【郵送施工受付】ヘッドライト黄ばみ除去&専用クリア塗装2017.09.09

カーゴシゴシでは、ヘッドライトの黄ばみ除去&ヘッドライト専用クリア塗装の郵送施工に対応しております。
ご希望のお客様へ郵送施工の手順のご案内をさせていただきます。

◆ご依頼から納品までの流れ◆

1.お客様
下記の免責事項をご確認ください。

2.お客様
当HPのお問合せフォームもしくはLINE@より、ヘッドライト黄ばみ除去・ヘッドライト専用クリア塗装の郵送施工希望の旨をご連絡ください。





3.お客様
カーゴシゴシより返信しましたメールまたはLINE@から、ヘッドライト黄ばみ除去・ヘッドライト専用クリア塗装を施工するヘッドライトの画像を送信してください。

4.ゴシゴシ
画像を確認後、概算の見積もりを作成しご連絡いたします。

5.お客様
ヘッドライトを取外し、カーゴシゴシまで郵送ください。※送料はお客様でご負担ください。

6.ゴシゴシ
ヘッドライトが到着しましたら現物チェック。見積金額に変更が出る場合は連絡させていただきます。

7.お客様
見積・作業内容にご了承いただけましたら、作業代金をご入金ください。

8.ゴシゴシ
入金確認後、ヘッドライト黄ばみ除去・ヘッドライト専用クリア塗装を施工させていただきます。



9.ゴシゴシ
作業完了後、到着時と同様に梱包し着払いにて発送させていただきます。

10.お客様
お受け取り、確認後、車両に取り付け下さい。

カーゴシゴシでは、以下の免責事項に記載した場合の損害等に対して一切の責任を負いませんので、よくお読みの上ご了承いただける場合のみご依頼ください。

◆免責事項◆

①ヘッドライト脱着費用及びその際に発生した損失等一切の費用
②郵送時における破損、及びそれらに起因する取り付け時の不具合等
③車を使用できない期間に発生する費用(レンタカー及び代車などの費用)


◆ヘッドライトの脱着について◆

郵送施工の際に必要なヘッドライト脱着作業ですが、整備工場さんや鈑金修理工場など脱着施業のみでも対応してもらえる場所はあります。
最近はインターネット検索をすれば画像付きの脱着手順などが調べることができたりします(「<車種名> ヘッドライト 取外し」で検索する等。)。
しかし、ご自身での脱着作業に自信のない方は、お近くの整備工場・鈑金修理工場などにお問い合わせいただき対応の可否をお尋ねください。
脱着工賃ですが、車種や年式で変わってきますので一概にお伝えする事ができません。


その他不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

16:42 | コメント (0)

お電話でのお問い合わせ
0533-78-4854 受付 AM9:00-PM18:00(日曜定休)
メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(タップで電話をかける)

0533-78-4854

受付時間 AM9:00〜PM18:00(日曜定休)

メールフォームからのお問い合わせ

問い合わせをする

受付時間 24時間365日いつでもOK!