Car Goshi-Goshi BLOG お知らせや実績、日々のコト...Car Goshi-Goshi BLOG

お知らせや実績、日々のコト...

超撥水性・新型コーティング剤導入!2017.07.24

本日は、カーゴシゴシに新たに導入されたコーティングについてのお話です。

まず、自動車のコーティングとは?
現在、自動車のボディコーティングの主流はガラスコーティングと呼ばれる種類が多いですね。
「ガラスコーティング」と聞くと、窓ガラスにコーティングすることだと勘違いされる方も多いですが、実際には「ガラス質のコーティング」です。
コーティング剤が乾燥し固まると透明なガラスのような個体となります。





今回カーゴシゴシで導入するコーティングはこのガラスコーティングの種類の一つとなります。


次に、コーティングの性能ですが撥水性・親水性とは?
こちらに関しては、見ていただいた方が早いです。




↑こちらが撥水性。水を真ん丸にコロコロと弾くタイプです。コーティングしてあるなぁ。。と目で見て実感していただけますし洗車や雨に日などもコロコロ滑るように水玉が落ち愛車を見ていて楽しくもなります。




↑こちらが親水性。水を弾くことなくペタッとなりサーっと水が引いていく感じです。一見、コーティングしていないような感じですがこちらを好むお客様もまだまだ多いです。ドアミラーのコーティングなどがこの親水性を採用しています。


今回カーゴシゴシで導入するコーティングは超撥水性となります。


撥水性と聞いて、「黒い車には向いていないんじゃないか?」と思ったり、「雨染みがたくさん付着するんじゃないのか?」と思われた方も多いと思います。
今回導入のコーティングだけでなく、カーゴシゴシで採用している撥水性のコーティングは雨染みが付きにくい構造・性質のものを採用しています。「撥水性」に加え「滑り性」も付与したコーティングのため水切れが良く、また滑り性を付与することによって洗車の拭き上げ時などの抵抗も少なくなり洗車傷がつきにくくなります。
撥水性は雨染みが付くから黒い車にはダメだ!という声に関しましては、そもそも親水性のコーティングにも雨染みは付きますし屋外の環境で埃や・花粉・黄砂など様々なものが付着した状態の車ですとむしろ親水性の方が雨染みが付きやすかったりもします。コーティング剤の成分や使用環境によって変わることですので一概には言えませんが、現在の技術では撥水性より親水性の方が雨染みが付きにくいというのは大きな誤りです。

今回カーゴシゴシで導入するコーティングは黒い車にもオススメの超撥水コーティングとなります。

ここまで簡単な説明をさせていただきましたが、今までの話を踏まえてこちらの動画をご覧ください。



いかがでしょうか?防汚性や撥水性となる成分のフッ素を従来の約5倍添加し、コーティングそのものの耐久性はもちろん撥水性能の持続性も向上した見ていて楽しくなるような水切れのコーティングです。
これから、新車購入予定の方・一度愛車をリフレッシュしてコーティングをかけ直そうと検討中の方、ぜひカーゴシゴシのこの新型コーティング剤を施工してみてはいかがでしょうか?

当店はコーティングだけでなく磨きの専門店ですので、車両の下地処理もお任せください。新車ではなかなかないかもしれませんが、日常生活で使用している際のトラブル(ペンキミスト鉄粉被害など)のお悩みも解決し愛車の塗装面を万全の状態になるよう下地処理を行いコーティング施工させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください♪

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

投稿コメント

お電話でのお問い合わせ
0533-78-4854 受付 AM9:00-PM18:00(日曜定休)
メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(タップで電話をかける)

0533-78-4854

受付時間 AM9:00〜PM18:00(日曜定休)

メールフォームからのお問い合わせ

問い合わせをする

受付時間 24時間365日いつでもOK!