Car Goshi-Goshi BLOG お知らせや実績、日々のコト...Car Goshi-Goshi BLOG

お知らせや実績、日々のコト...

プロテクションフィルム施工事例集その12017.07.08

本日は、カーゴシゴシで施工したプロテクションフィルムの施工事例をご紹介いたします。
ドアノブの爪キズ防止からボンネットの飛び石防止、サイドステップの靴キズ防止まで、プロテクションフィルムはありとあらゆる場所に施工可能です。




こちらはトヨタ・アクアのドアノブ部分の施工です。カーゴシゴシのプロテクションフィルム施工の中では王道の施工箇所になります。
画像の通り、言われなければ貼ってることがわからない仕上がりとなっております。ここまで目立たないのプロテクションフィルムは車種ごとに違うプレスラインに合わせた1台1台オリジナルのカットデータを使用しているからです。





一歩離れるとこの通り。
ドアノブにプロテクションフィルムが施工してあることは気付かないレベルの仕上がりとなります。爪キズの悩みから解放されるための新車時施工でした。





こちらはホンダ・バモス。ドアノブ(ドアカップ)の形状は様々です。このバモスも特徴的な形状ですが、カーゴシゴシのプロテクションフィルムでは全車種対応です。
もし、古い車や希少車両などでカットデータがない場合、一から型取りを行いワンオフ施工いたします。ドアノブ部分に関しては追加料金無しです。
このバモス、プロテクションフィルムを施工してある部分のほうが艶が出てしまうくらいの仕上がりとなりました。




こちらは日産・セレナ。ドアノブのプロテクションフィルム施工で難易度の高い形状がこのハンドルタイプと呼ばれるもののドアカップでお椀型をしております。
そして最近の自動車はほとんどがこのタイプを採用しておりますね。
プレスラインに合わせたカットフィルムは施工がとても難しいため(お椀型なのでしわが寄りやすい。)一般ユーザー向けに販売しても施工できない場合が多いです。
汎用品でないカーゴシゴシの車種専用プロテクションフィルムは専門店施工をおすすめいたします。




日産・セレナの一歩引いたところからの1枚。
プロテクションフィルムはどこに貼ってあるでしょうか??




こちらはホンダ・S660。ものすごく特徴的な形状です。こちらはドアノブ(ドアカップ)の奥行きが深く、カットデータもなかったため型取りからのワンオフ施工となりました。
この形状は、型を取ってしまえばプロテクションフィルム施工自体は難易度は高くありません。




ホンダ・S660の一歩引いた画像。車体カラー問わず、プロテクションフィルムは目立たず施工可能です。




こちらはレクサス。レクサスのドアノブ(ドアカップ)は画像のように特徴的で、プロテクションフィルムのカットフィルムはイナズマ型と言いましょうか少し変わった形になります。
ただ、この特徴的なプレスラインのせいか、プロテクションフィルム施工後は他の車両によりもさらに目立ちません。




このレクサスはドアエッジにもプロテクションフィルム施工いたしました。
この部分にメッキタイプのものやボディ同色のゴムモールを装着している車両をよく見かけますが、「ホントは目立たず保護したい」のであればプロテクションフィルム一択です。




レクサスのドアノブ&ドアエッジ、プロテクションフィルム施工後です。これで、ドアエッジの塗装欠けの心配なしです。




こちらはトヨタ・プリウス。ボンネット一枚まるまる、飛び石保護のためにプロテクションフィルム施工いたしました。
カーゴシゴシで使用しているプロテクションフィルムは艶がすごいです。ボンネットのような平面の広い部分にプロテクションフィルムを施工しますと、純正塗装の状態よりもコーティング施工後よりもつやつやになります。




ボンネットのような場所にプロテクションフィルムを施工する場合、画像のような角の部分はフィルムを巻き込むとシワになる場合があります。もちろん巻き込んで施工する方法もありますが、カーゴシゴシでのボンネットプロテクションフィルムの通常施工は目立たずきれいな仕上がりとなる画像のような切り込みを入れた施工法を採用しています。もちろんボンネットの角以外の縁はきれいに巻き込んで貼っておりますので、ドアノブ同様、プロテクションフィルムが貼ってあるなんて気づかれない仕上がりとなります。




さらにトヨタ・プリウスの続きです。ドアノブ(ドアカップ)にもプロテクションフィルム施工させていただきました。




どの車種どのカラーでも、プロテクションフィルムが貼ってあることは目立ちませんが、パールホワイトは特別よくなじんでわかりにくいと思います。




さらにさらにトヨタ・プリウスの続きです。リアゲートにもプロテクションフィルムを施工させていただきました。
この場所はゴルフをされている方がゴルフバックのキズ防止のために貼られるパターンが非常に多いです。プロテクションフィルムは400%に伸びる特性もあるほどなのでゴルフバッグがガツガツ当たったくらいではボディにキズは付きません。




さてさて、このトヨタ・プリウスのリアゲート。どこまでプロテクションフィルムが貼ってるでしょうか??


今回はここまでですが、カーゴシゴシでのプロテクションフィルムの施工例はまだまだあります。
随時更新していきますのでよろしくおねがいたします。。

プロテクションフィルムの詳しい性能は当HPのプロテクションフィルムのページをご覧ください。

http://car-goshi-goshi.com/protection-film/

コメント

  1. [...] プロテクションフィルム施工事例集その1 [...]

    ピンバック by 車のドアノブの爪キズにはプロテクションフィルム | 愛知県豊川市のカーコーティングショップ Car Goshi-Goshi (カーゴシゴシ) — 2017年7月12日 @ 9:35 AM

コメントの投稿

投稿コメント

お電話でのお問い合わせ
0533-78-4854 受付 AM9:00-PM18:00(日曜定休)
メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(タップで電話をかける)

0533-78-4854

受付時間 AM9:00〜PM18:00(日曜定休)

メールフォームからのお問い合わせ

問い合わせをする

受付時間 24時間365日いつでもOK!